本文へスキップ

水土里情報システムの仕組みSystemmechanism

システムの仕組み

・利用者はID、パスワードによりシステム認証を受けます
・利用は定められた端末以外からはアクセスできない仕組みです(端末固定化)
・GISアプリケーションおよびデータはクラウドセンターのサーバにあります
・利用者はWebブラウザのみでインターネットを介してサーバにアクセスします(暗号化通信)
・様々な権限によって利用者のシステム内での行動に制限がかけられ、意図する運用が行えます
・データはクラウドセンターで厳重に保管され、不慮の事態にも対応可能です


システム内で取り扱うデータ

・本会が水土里情報利活用促進事業(平成18年度〜平成22年度)で整備した農地筆、耕区、農振地域、農業用水利施設、航空写真、地形図等に加え、様々なデータを取り扱えます。

 No. レイヤ 説明 提供元(管理者) 公開範囲
1 地番 登記上の地番(地籍)データ 市町村 提供元または団体の所管地域
2 耕区 現況圃場、または作付区域 土地連
※一部、JA、NOSAI等
3 共有(地番)  地番に関する団体間の共有データ 共有情報の提供元
4 共有(耕区) 耕区に関する団体間の共有データ
5 農振農用地 農振区域および農用地区域データ 市町村
6 輸送施設 橋梁、道路データ 市町村等 制限なし       
7 系統水利 用・排水系統受益等に関する面的データ 土地改良区等
8 水利施設 水路、貯水池、機場等の水利施設データ 土地改良区等
9 保全整備情報 NN事業の整備履歴データ 北海道
10 林班 林班および小班のオープンデータ 北海道
11 国土数値情報 国土の基本情報に関するオープンデータ
※現在は一部のみ登録
国土交通省
12 区域図 市町村界、図郭データ、土地改良区区域等 土地連
※購入データ含む
13 背景図 航空写真、衛星写真、地形図、住宅地図

・また、農地筆、耕区については、複数団体が各々異なった情報を持てるように団体個別情報を登録できる仕組みをとっています。この団体個別情報は基本的に他団体から閲覧できませんが、団体間の合意のもと一部の情報を共有することも可能です。


水土里ネット北海道
  技術部 地域支援課

〒060-0005
札幌市中央区北5条西6丁目1-23 道通ビル7F

TEL 011-206-6209