水土里ネット北海道 北海道土地改良事業団体連合会

水土里ネット北海道

現在位置:ホーム > 地球人会議

地球人会議


今、地球は大変だ!
今、地球はかなり危ない。
食料不足、水不足、砂漠化、温暖化、オゾン層の破壊、酸性雨、…

これではいけない!
みんなで考えていこう!



   〜 下記項目からもリンクしています 〜

   世界、日本の食料事情  環境 〜 世界を襲う水不足 

   農業用水の役割       国民の『いのちとくらし』を守る農業・農村


食料


世界の人口は増え続けています。
今は60億人、それが2030年には80億人、2050年には90億人を超えると推計されています。
今でも、世界の約40カ国で食料不足に直面しており、8億4000万人が飢え、20億人以上が栄養素欠乏で苦しんでいます。
今後、さらに、爆発的な人口増加が予測され、世界的な食料不足とそれに伴う農産物価格の高騰が危惧される中、自国の食料は、できるだけ自国で生産することが急務であります。
私たちは、こういう状況下で、これらの課題解決に大きな役割を果たす日本の農業・農村を維持・保全する活動を進めていきたいと考えております。


環境


大気汚染やオゾン層の破壊、温暖化、酸性雨、砂漠化など地球規模での環境問題がますます深刻の度を深めています。
私たちは、頭では分かっていても実際に行動を起こすまでの危機感が芽生えていないのではないでしょうか。
今、ピンチを迎えている「水」「土」「緑」は、農業・農村と密接に関係しており、私たちの暮らしと切り離せません。
地球環境を守るという視点から、日本の農業・農村、私たちの生活をもう一度考えてみませんか。


ふるさと


農村は、「水」や「土」、「緑」など自然環境を育み、山や川など国土を守り、また、貴重な景観や文化、歴史を支えています。
しかし、かつて農業を中心として栄えた農村は、過疎化、高齢化等の著しい振興により、山林や農地が荒廃して地域の活性化が失われつつあります。
この問題に対して、私たちは新しいふるさとを創造し、都市と農村の共生・対流を図ることが急務と考えます。
心の豊かさ、やすらぎ、そして人間らしさを育んでくれるふるさとを守っていくことは、すべての人たちの願いです。


このページの先頭へ

Copyright(C)2002-2006 Hokkaido Federation of LandImprovement Association (R) All Rights Reserved.