本文へスキップ

「水土里情報システム」は、全国の参加県土連で運用している
        【Web型農地地図情報システム(GIS)】です。

賦課金管理システムCharge Management System

システム概要

「賦課金管理システム」は、土地改良区の賦課金管理業務の一連作業を支援するシステムです。土地台帳、農家台帳と併せて賦課情報を一括管理します。その情報を使用して、賦課徴収一覧表、賦課金納付通知書等の発行、また入金管理、督促状の発行等も行えます。


特徴

土地、農家、賦課を一括管理

土地台帳システムを基盤とし、同時に農家情報、賦課情報を一体的に管理することにより、3方向からの関連性を持たせ柔軟な検索・抽出・管理を可能としています。

経常賦課、特別賦課に関する一連業務をサポート

経常賦課、特別賦課に対して、計算、通知、収納、未納、督促業務を管理できます。徴収期の設定、徴収予定一覧表、条件指定下の抽出、直接支払・口座振替別による通知書の作成、入金状況の確認、未納一覧、督促状作成といった一連の作業を行います。各帳票類を従来帳票に合わせたい場合はカスタマイズを行います。
 ※帳票カスタマイズは程度により別途費用が発生する場合があります。

自由度のある検索・集計機能

よく使用する検索・集計機能を組み込んでいますが、利用団体によって検索・集計方法は異なります。そういったケースに備えて組み込み機能の他に、自由に検索・集計・抽出方法を設定するカスタマイズ検索機能があります。
 ※カスタマイズ検索の作成には簡単なSQL文の知識が必要です。

水土里情報システムとの連携 ※将来構想です

現在は単独ローカルシステムですが、将来的に水土里情報システムのデータと同期をとることでデータの2重管理を排除し、効率的な運用を目指します。


利用シーン

維持管理計画書の基礎資料に

土地・農家・賦課情報を一元管理することで、適切な維持管理計画書の基礎資料を作成します。賦課情報以外は単一データベースに履歴をもつため、所有者・耕作者等の履歴も併せて管理することができます。

賦課金管理に係わる業務の簡素化を図りたい

徴収予定、入金管理等賦課金に関する管理は全て同じ基礎データを元にしているため、業務を一連で行い、修正作業の省力化等も考慮しています。銀行等への口座振替の依頼を電子ファイル処理するセンターカット機能を有し、徴収作業の負担軽減を図ります。
 ※センターカット運用には、利用団体と銀行等との協定が必要です。

所内で複数ユーザで運用したい

本システムはSOLServerを採用し複数ユーザでの運用が可能です。サーバにデータを置き、ネットワークで繋がっているユーザ群は常に同じ最新データを見る・更新することができます。この場合、更新できるのはユーザAのみ、他ユーザは閲覧のみといった各ユーザに対して権限設定を行うことで、意図する運用を行えます。


利用対象団体

水土里情報システムに参加している土地改良区


利用料金

水土里情報システム利用料と同額/年間(税別)
 ※ライセンス形態はありません。
 ※所内LANで複数ユーザでの運用が可能です。


利用申込み

ご利用の際は、水土里情報センターまでお問い合わせください。


紹介パンフレット

概要、動作環境等の詳細はこちら

水土里ネット北海道
  技術部 地域支援課

〒005-0016
札幌市中央区北5条西6丁目1-23 道通ビル7F

TEL 011-206-6209