本文へスキップ

「北海道地域資源保全情報記録システム」は、水土里ネット北海道で運用している【Web型地図情報システム(GIS)】です。

記録システム概要CONCEPT

システム概要

「記録システム」は、水土里ネット北海道が運用する多面的機能支払交付金に係る活動組織が行う活動および市町村が行う確認活動をGISデータ(位置情報を持ったデータ)として作成するシステムです。

通常、GISデータとして活動内容を作成することは、多大なソフト費用、また作成技術を要しますが、活動データをリスト選択方式で簡易に作成することができます。また、作成されたデータから自動的に各種帳票類を作成することが可能です。

作成されたデータは、随時市町村⇔活動組織間で共有され、活動情報・状況等の共有化が進められます。

【GIS】
航空写真等を背景図とし、その上に耕区図、水利施設、区域図等の図形を重ねて表示することができます。さらに、この上に「いつ」「どこで」「だれが」「なにをした」という活動データを作成・表示します。

【情報共有化】
システムに登録されたデータは、クラウドセンターで厳重に管理され、基本的に該当団体のみその情報を閲覧することができますが、関係団体間で情報を共有することも可能です。例えば、市町村が活動組織の活動状況を共有し、リアルタイムに確認することも可能です。

システムイメージ・運用イメージ






・記録システムは、「Web型GIS」です
・パソコン・タブレットからWebブラウザ(IE、chrome等)のみで利用することができます
・このため高価なGISソフトを導入する必要はありません
・情報の電子化により迅速に情報検索が可能です
・IDは「閲覧用」「編集用」があり運用形態に合わせて発行できます
・帳票をダウンロードして利用が可能です ※ダウンロードはEXCEL・PDF形式

このページの先頭へ

水土里ネット北海道
  技術部 地域支援課

〒005-0016
札幌市中央区北5条西6丁目1-23 道通ビル7F

TEL 011-206-6209